2011年12月26日月曜日

ねじま

先日は、あかぎ寄席にお越し頂きメリークリスマス。

やっぱりクリスマスは神社に限りますね。

昼の公演の後、着替えていると、何とびっくり靴下が片方ない。
まっさきに、松之丞くんが隠したんだと思い問い詰めたが、笑いながら「隠してない」と言い張るのだ。

仕方ないので、夜公演の後、イブの夜を片方裸足で帰る。

『決してトイレで紙がなかったわけではないですよ』
という顔をして。

駅で電車を待っていると、見に来て頂いた男性のお客様が「メリークリスマス」と言って、自分の靴下を脱いで僕にそっと手渡してくれたのだ。

何ともメリーな出来事だと嬉しく、心が暖かくなった。

ありがとうございました。

ただ、気持ち悪かったので、丁寧にお断りをして、別の車両に乗って帰った。

皆様、来年もよろしくお願いします。

そして、明日は『ねじまわしの会』です。
久しぶりにメンバー全員揃うので楽しみです。
忘年会がてら、是非お越し下さい。

よろしくお願いします。

『新作ねじまわしの会』
12月27日 火曜日
開場時間 18:00
開演時間 19:00
会場 浅草 茶や文七
木戸銭1500円
番組(出演者)
三笑亭 可女次
昔昔亭 A太郎
瀧川 鯉八
春風亭 昇々
笑福亭 羽光

自選新作ベストセレクションの会です

お問い合わせ先
名称 09096865298(中村)

2011年12月23日金曜日

ゴミラ

今日は友達の結婚披露宴で感動的なスピーチをして、一緒に行った友達の家で、六歳の子供にプリキュアの素晴らしさを教えてもらい、たこ焼きとビールをご馳走になって帰る。

おめでとうございました、そして皆様ありがとうございました。

明日は今年最後のあかぎ寄席です。よろしくお願いします。

24日(土)
14:00〜/18:30〜
第6回あかぎ寄席
出演/A太郎、立川こはる
神田松之丞、鏡味味千代
料金/¥1500(あかぎカフェ
ドリンク1杯無料券付)¥2000(昼夜通し・ドリンクなし)
場所/赤城神社

2011年12月22日木曜日

章姫

先日は『95分ぐらいのA太郎』にお越し頂きありがとうございました。

ゲストに柳亭明楽くんが来てくれて、僕の三題噺の前にふざけて、厄年・子供・酒という三題を自分で出し、古典落語『子ほめ』を今作った三題噺です、と言って演って頂いたときには、今後明楽のことを暗苦と呼ぼうかと思ったほど嬉しかったです。
ありがとうございました。

三題噺が三回目にして何とかなりそうな予感がしたのは収穫でした。

しかし、本番1月3日のラジオでは生放送で三題噺を演るということなので、ソワソワです。

引き続き来年もよろしくお願いします。

19日は師匠宅へ伺い年賀状のお手伝い。バカでかいイチゴをご馳走になりました。美味しかったです。

20日は、NHKラジオの収録。
新作『罪と罰』。
良いお客さんでやりやすかったです。
インタビューで座右の銘を聞かれるということで、前日に急遽探した『面白きこともなき世を面白く』という高杉晋作の言葉を使わせて頂きました。

色紙に書いてプレゼントということで、その日限りの座右の銘ですが、誰かもらってやって下さい。

2月5日の放送予定とのことです。よろしくお願いします。

今日は稽古で浅草演芸ホールへ。

稽古を録音させてもらうカセットテープレコーダーが壊れたので、新宿の大きな電気店へ買いにいく。

今カセットを使ってる人はなかなかいないでしょ。
でも、前座の頃からカセットなので、何となく裏切れないのです。

広い売り場で見つからなかったので、若手の店員さんに「カセットテープレコーダーありますか?」
と聞く。あからさまに「?」という顔をして、「カーセット?」いい残し中堅の店員の元へ走って行った。

2、3分で戻ってきてアゴで場所を教えてくれた。
ありがとう。

ノーマルのレコーダーと千円高いラジオ付きのレコーダーとで小一時間悩む。

若手の店員が遠めから『カセットもラジオもどっちもいらない』とう雰囲気で見ていたのにもめげず、思い切って、何かの縁だと思いラジオ付きを買う。

僕がイヤホンをつけて歩いていたら、ラジオかテープを聴いてるんだなぁと思って下さい。
そして吹き出さないのも優しさです。

2011年12月18日日曜日

満喫

先日は『今も昔もA他郎』にお越し頂きありがとうございました。

ゲストの鯉八くんとの闘いお楽しみいただけたでしょうか。
途中で鯉八くんが帰ってしまった寂しさを乗り越え何とかやり遂げました。

三題噺はなんとかします。

初めて来たお客さんが「たまたまチラシでA太郎という名前を見て、何か変な名前だなぁと思い調べてみたら、何と大学のアメフト部の先輩だったので来てみた」と、ビックリ。Aで良かったとです。

また別の会でお会いしましょう。

今日は、昼に池袋演芸場にて『表と裏』でご機嫌を伺い、夜は可女次兄さんの会にて『面会』を満喫し、明日は再び昼間に池袋演芸場、そして夜は『95分ぐらいのA太郎』です。

ネタおろしや、新作や、明楽や、三題噺を盛り込みます。

今年最後の95分、是非お越し下さい。

なぜか今我が家で、鯉八羽光がイビキをかいています。

18日(日)
19:30〜
95分ぐらいのA太郎 vol.6「替り目」
料金/¥1000
場所/渋谷区文化総合センター
大和田4F大練習室

2011年12月16日金曜日

パーカー

13日に静岡県三島の長泉北小学校と長泉南小学校で学校寄席。
これは、北小学校の校長先生がたまたま僕の独演会を見に来てくれて、「うちの学校で落語やってくれませんか」ということで頂いた、ありがたいお仕事。

『A太郎さんの笑顔を生徒に届けて欲しい』ということで、鏡に向かって徹夜で笑顔の稽古をして、新幹線に乗り込む。

朝早いのに、新幹線は仕事に向かう人でいっぱいだ。
大変だなぁと思っていたが、稽古のしすぎで固まった笑顔のせいで、隣の人に睨まれる。

三島駅に着くと、どこから聞きつけたか、羽光さんが待っていた。

なんと学校寄席で役に立つ、寄席の太鼓セットを持ってきてくれたのだ。

優しい仏様のような人だ。

しかし、一緒に学校につくと、仏様だけ執拗にボディチェックを受けていた。

何品か没収されていたが、何とか学校に入れさせてもらう。

せっかくなので、仏様にも舞台にあがって頂く。六年生の生徒の前で、寄席の太鼓を体験してもらったり、落語の仕草を高座でやってもらったりしてから、僕が落語を二席。

仏様に「兄さんがすべるの楽しみにしてますわ」と真顔で言われたが、明るく素直な生徒さんに助けられ、無事終了。

六年生の頃のシャイでひねくれていた自分を反省する。

終わってから、何十年振りに給食を頂く。優しい味で、ホッとする。

帰りに見送りに来てくれた子供たちが、仏様の着ていたパーカーを見て、ゲラゲラ笑っていたのが印象的だった。

皆さんありがとうございました。

13日の夜は師匠の会のお手伝い、14日昼に池袋演芸場、夜に師匠の会のお手伝いと続き、また闘いの日々が戻ってきた。

そして、今日は『今も昔もA他郎』です。
ぜひお越し下さい。
ブログ、ツイッターを見て頂ければ1500円になります。

よろしくお願いします。

16日(金)
19:00〜
今も昔もA他郎(えーたろう)
瀧川鯉八アンコール公演
出演/A太郎、瀧川鯉八
料金/¥1800(前売)
¥2000(当日)
場所/らくごカフェ

2011年12月11日日曜日

つなぎ

最近は、国立演芸場ですべったり、西川口で踊ったり、アメフト部の同級生の結婚相手を紹介されノロケられたり、先輩の子供にハンバーガーマンのプラモデルを作ってあげたり、坊主にした頭が寒いので帽子を被ったりと、フワフワした生活を送っている。

そんなフワフワ感をぶち破ったのが、近頃ウチに泊まりに来る笑福亭羽光さんだ。
何故ウチに泊まりにくるのかは、何度聞いてもよくわからないが、とにかくいつも急に泊まりくる。

おっさん二人の生活は、なかなか情けないものだ。

こないだも、急に来るというので、「何かご飯でも用意しとくか」と聞くと「何でもいい」ときた。

何でもいいが一番困るのだ。

仕方ないので、近くのスーパーでお惣菜を買って待っていると、「駅前でラーメンを食べてきたからいらない」とおっしゃった。

倦怠期か。

家に入ると、持ってた荷物を上からドンと落とす。
結構な音がするので、毎回ドキッとする。

そして、僕の郵便物を勝手に読もうとする。

なぜだ。

テレビを見ていると、「僕ははじっこでじっとしてるのが好きなんで気にしないで下さい」と言う。

かなり気になる。

しばらくしたら、黙って部屋を出たので何かなと思っていたら、湯船につかっていた。

気持ち良さそうだ。

あがるとドライヤーで髪を乾かす。

なぜお前が。

そろそろ寝ようと、横になるとやたらと話しかけてくる。僕もつられて話をし、羽光さんに質問すると、彼はもう寝ていた。

幸せそうだ。

朝起きると、「やっぱり人の家は気をつかう」とさ。

洗濯物を残して、帰ったので、羽光さんの変なつなぎとトランクスが今も部屋に干してある。

風水的に問題はないのだろうか。

今日も行くかもしれないし、行かないかもしれないとメールが来た。

気持ちの準備が必要だ。

そんなこんなで、明日からは池袋演芸場で出番です。12、14、16、17、18日、12時半頃に出ます。

また、16日には『今も昔もA他郎』があります。今回は、ゲストに瀧川鯉八くんをお呼びして、二人によるリレー落語『不動坊』そして『時そば』『新作落語』『三題噺』『トーク』など、盛り沢山の予定です。

是非お越し下さい。

ブログを見て頂ければ1500円になります。

よろしくお願いします。

16日(金)
19:00〜
今も昔もA他郎(えーたろう)
瀧川鯉八アンコール公演
出演/A太郎、瀧川鯉八
料金/¥1800(前売)
¥2000(当日)
場所/らくごカフェ

2011年12月1日木曜日

シワス

11月の後半は何だかドタバタと。

23日は、堀之内寄席で、今輔師匠が子供のような笑顔で話すクイズ論を拝聴する。なんとクイズ番組の予選を勝ち抜いたそうです。

終わってから、談志師匠の訃報を知り驚く。
一度だけ楽屋でお会いして、お遣いを頼まれたことを思い出す。格好良かった。

25日は、昼間にチラシの撮影、夕方から日本橋亭で慎太郎兄さんの落語会。
終わってから、師匠宅へカバンを届け、カレーうどんをご馳走になる。

26日は、あかぎ寄席。トリの僕の前にお客さんが帰ったという悲しみを乗り越え、
28日は、踊りの稽古。日本舞踊を踊った後、笑松兄さんが持ってきたイギリス土産のクッキーを日本茶で頂く。
帰りに、サイゼリヤでどでかいワインを飲む。なぜか踊ってない小笑くんが僕の前に座っていた。

29日は、平治師匠のお宅で稽古をして頂く。昇々くんと一緒に行く。師匠と昇々くんがいちゃついているのを黙ってみる。

今日から12月。まずは、お笑いのDVDをまとめて観る。
ひとまず、4日に国立演芸場で出番。

中頃にNHKのラジオの収録もあるので、寒いけど頑張ろう。

2011年11月30日水曜日

12月の出演予定

11〜20日※交互出演

池袋演芸場中席



16日(金)

19:00〜

今も昔もA他郎(えーたろう)
瀧川鯉八アンコール公演

出演/A太郎、瀧川鯉八

料金/¥1800(前売)
¥2000(当日)

場所/らくごカフェ



17日(土)

18:30〜

かめづくしの会

出演/三笑亭可女次、A太郎

料金/¥1500

場所/上野広小路亭



18日(日)

19:30〜

95分ぐらいのA太郎 vol.6「替り目」

料金/¥1000

場所/渋谷区文化総合センター
大和田4F大練習室




20日(火)

14:30〜

スタパ落語会

出演/立川生志、A太郎

料金/¥200

場所/NHKスタジオパーク内
350スタジオ



24日(土)

14:00〜/18:30〜

第6回あかぎ寄席

出演/A太郎、立川こはる
神田松之丞、鏡味味千代

料金/¥1500(あかぎカフェ
ドリンク1杯無料券付)¥2000(昼夜通し・ドリンクなし)

場所/赤城神社



27日(火)

19:00〜

新作ねじまわしの会

出演/三笑亭可女次、A太郎、
瀧川鯉八、春風亭昇々、
笑福亭羽光

料金/¥1500

場所/茶やあさくさ文七

2011年11月22日火曜日

バリカン

3日連続、朝4時からの早朝寄席を終え、18日は笑海兄さんに呼んで頂き高円寺楽々亭へ。
笑海兄さん、桃之助兄さん、昇々くんと柳昇門下が集まったということで、柳昇師匠が通っていた居酒屋に連れていってもらう。
何だか脈々と続く師弟関係を感じ、ふと弟子が欲しいと思った。

19日は、遊喜師匠に呼んで頂き、国分寺のギー寄席へ。

半年振りに行ってみると、かつての地下組織のイメージが変わっていて、お客さんのイスの脇に小さなテーブルが置いてあり、そこでロイヤルミルクティーを飲みながら落語を聴くという、アフタヌーンティーになっていた。

ピーチティーのような落語を2席。

20日は、浅草演芸ホールの楽日。
高座が終わり、表を歩いていると、「A太郎さんですか?頑張って下さい」と声を掛けられる。
あまりの驚きと嬉しさでつい「違います」と言ってしまう。

すいませんでした。ありがとうございました。

21日は、浅草文七へチラシを置きにいく。ついでというか勉強の為、演芸ホールに落語協会の寄席をこっそり見る。
久しぶりに、客席で一日中落語を見て、技術と戦いと刺激を受ける。

今日は池袋でバリカンを買う。これで丸坊主もボブもロングもお手のもの。

明日は、堀之内寄席です。見に来て下さい。

2011年11月18日金曜日

鯉ちゃくん

先日は、『95分ぐらいのA太郎』にお越し頂きありがとうございました。
第五回の記念で、ゲストにベテランの瀧川鯉ちゃさんに来てもらいました。
人生の渋味を堪能して頂けのではないでしょうか。
ネタおろしの『権助魚』をはじめ、全五席。途中声が出ずパントマイムで乗り切る、というハプニングもありましたが、何とか無事に終わりました。
お客さんからお題をもらってやった三題噺では、冷や汗が出ましたが、鯉ちゃくんが肩をポンと叩いてくれたのですっと楽になりました。
終わって鏡を見ると、鯉ちゃくんの武器である目のくまが、僕にうつってました。
おそらく肩を叩かれときにうつったのでしょう。
次回も皆様是非お越し下さい。
今日は、小学生の前で早朝寄席、浅草昼席、そして高円寺楽々亭です。
早朝寄席に少し遅れて反省していると、五年生の学級委員の生徒が来て、肩をポン、ポンとそっと叩いてくれました。
ホッとしましたが、帰りに三平ストアでブリーフを買いたくなりました。
おそらく、あのときうつったのでしょう。
明日は、国分寺ギー寄席に行きまして、浅草夜席に出ます。
昼席から変更になりました。
よろしくお願い致します。

2011年11月16日水曜日

ネタおろし

『時代』を聴くと、なぜだか涙が出ます。
そして、インド人がタイカレーを食べてるのを見て、泣き止みました。
今日は、『95分ぐらいのA太郎vol.5』です。
権助魚ネタおろしです。他に、宮戸川、猫と金魚、時そばをやる予定です。
ついでに三題噺をやります。お題よろしくお願いします。
16日(水)
19:30〜 95分ぐらいのA太郎 vol.5「権助魚」
料金/¥1000 場所/渋谷区文化総合センター大和田4F大練習室

2011年11月9日水曜日

カットレモン

3、5、7日に新宿末廣亭の出番。
祝日ということもあり、早くから多くのお客さんに入って頂きました。ありがとうございます。

5日は、師匠に頼まれて赤羽でカレーパンを40個買い、楽屋に持っていく。

埼京線の車内がカレーの匂いで充満していたにもかかわらず、誰一人「カレー」という言葉を口に出さなかったことに感心する。

残念ながら楽屋では、我慢出来ずに、若干エスニック系のネタが多かったような気がする。

7日は高座に上がると団体のお客さんから「末廣亭今年最後の出番だから頑張れ」と声がかかる。

ありがたかったですが、何だかそう言われると緊張する。

もうそんな時期なんですね。

昨日は、羽光さんと踊りの稽古。

相変わらず、振り付けを左右反対に覚えている羽光さんは、今回着物で来て、稽古の前に私服に着替えようとしていた。

終わって、西川口で軽く飲む。
羽光さんの、揚げ物などについているカットレモンを、まず料理にかけ、少し余った分を自分のお酒にちょろっと絞る、という技も見れたのでそこで解散。

しばらくモンモンと稽古の日が続きますが、また来週からは寄席や落語会がありますので、是非お越し下さい。

16日(水)
19:30〜 95分ぐらいのA太郎 vol.5「権助魚」
料金/¥1000 
場所/渋谷区文化総合センター大和田4F大練習室

2011年11月3日木曜日

タコス

先日、西川口で踊りの会に参加させて頂く。
羽光さんや、一緒に稽古をしている皆さま方とカッポレを踊る。
羽光さんが、振り付けを間違えて逆回りすると、全員がつられて逆回りしたのが印象的だった。
駅前では、B級グルメと世界のグルメのイベントをやっており、各国の出店で大変賑わっていた。
羽光さんが、メキシコの店の前を通ると、お店の人から無言でタコスを差し出されていた。
そのときの羽光さんの『へっ?』という顔が未だに忘れられない。
終わってから、近所の小笑くんの家に遊びに行く。
何か臭いと思ったら、小笑のズボンの裾にウンコがついていた。
あれ以来、目が腫れてしまった。
31日は、落語芸術協会二ツ目の会で池袋演芸場へ。
そこはかとなく芸術の香りを感じとって頂けたのではないでしょうか。
演芸場を出て着物で歩いていると、ハロウィンと勘違いされたので泣いて帰る。
11月上席は、新宿末廣亭の昼席で師匠がトリをとるので、僕も3、5、7日に出させて頂く。
昨日今日と楽屋に師匠のカバンを届けに行ったのだが、その途中にあった西新宿の立ち食いそば屋になんと行列が出来ていた。
立ち食いそばは僕も好きだが、スッと入れてサッと食べれるからいいと思うのだが、わざわざ並ぶなんて。
よっぽど美味しいのかな。
いやいや、それでも並ぶのは。
しかも、並ぶお客さんの為に椅子が用意され、みんな座っていた。
さすがに、それは逆でしょ。
それなら、並んでる方にそばを出せばいいのに。

2011年11月1日火曜日

11月の出演予定

よろしくお願いします

3、5、7日
12:00〜
新宿末廣亭上席



16〜20日
12:00〜
浅草演芸ホール中席



16日(水)
19:30〜 95分ぐらいのA太郎 vol.5「権助魚」
料金/¥1000 場所/渋谷区文化総合センター大和田4F大練習室



19日(土)
13:30〜 国分寺ギー寄席
出演/三遊亭遊喜、A太郎
料金/¥800 場所/giee



23日(水)
14:30〜 堀の内寄席
出演/瀧川鯉橋、橘ノ円満、A太郎
料金/¥500 場所/妙法寺



25日(金)
17:30〜 芸協若手特選会「昔々亭慎太郎の会」
出演/昔々亭慎太郎、柳亭楽輔、春風亭昇之進、A太郎、鏡味初音
料金/¥1500(前売)¥2000(当日) 場所/お江戸日本橋亭



26日(土)
14:00〜/16:30〜/19:00〜(各回入替) 第5回あかぎ寄席
出演/立川幸之進、A太郎、立川こはる、神田松之丞
料金/¥1500(あかぎカフェドリンク1杯無料券付)
場所/赤城神社

2011年10月26日水曜日

未定

先日は、お足元の悪いなか、あかぎ寄席にお越し頂きありがとうございました。

今回はこはるさんの三味線漫談もあり、寄席らしくて楽しかったです。

いつか僕のドラムも披露出来ればと思っています。

第二部で『動物園』をやった供養で、上野動物園に行く。

大きい動物を見ると、なんだか落ち着くものですね。

見られることに慣れている動物たちは、お客さんの前で余裕に、エサを食べウンコをしお尻を向けて寝てます。
いざという時のために力を貯めてるんでしょう。

勉強になります。

僕も来るべきいざに向けて、頑張っていこうと思っています。
まあ、動物園の動物たちにいざという時はないでしょうが。

そんなことを考えながら、ボーっとしていたら、近くの木にとまっていたカラスがじっとこっちを見ていた。
檻に入っている動物たちを見ている人間を見ているカラス。
どの位置がいいのでしょうか。

ちなみに、僕はカバがヌルッとしていて好きです。

次回のあかぎ寄席も頑張ります。よろしくお願いします。

一昨日は、日本橋亭で二ツ目勉強会。
前座の剛腕くま八君の後に『井戸の茶碗』が出来たことは、良い思い出です。

そして昨日は、お足元の良いなか、『A太郎以外未定のらくご会』にお越し頂きありがとうございました。

ふらっと立ち寄ったというお客さんに「君はこのホールの係の人か?」と言われたことにもめげず、なんとか皆様のおかげで無事に会を終えることが出来ました。

また、ゲストの方々にも大変お世話になりました。

初対面の立川寸志さん、まだ一度もまともに会話をしたことがない三四楼兄さん、転んで血だらけの桃之助兄さん、ボンボンブラザースの味千代さん、そしてなんと師匠にまでお越し頂き、楽しい会となりました。

ありがとうございました。

高座前に「アウェーだ、アウェーだ」と言っていた桃之助兄さんも、高座の出来が良かったようで「ここが俺のホームだ」と機嫌が良くなり、打ち上げに連れて行って頂く。

熱く「俺は、いくらつらくても涙を流さない」と言いながら、頭から血を流していた兄さんが印象的でした。

皆様、今後とも応援よろしくお願いいたします。

28日よりホームページのアドレスが
http://sekisekitei-a-taro.blogspot.com
に変わります。
こちらも、よろしくお願いします。

2011年10月25日火曜日

睡眠

ブログを書きながら、寝てました。
今日はいよいよ『A太郎以外未定のらくご会』です。
このブログを見たと言って頂ければ、前売り料金になります。よろしくお願いします。
10月25日 火曜日
開演時間 19:00
なかの芸能小劇場
前売 1500円
当日 2000円
昔昔亭 A太郎
昔昔亭 桃太郎
昔昔亭 桃之助
立川 三四楼
鏡味 味千代

2011年10月21日金曜日

祭り

先日は、『95分ぐらいのA太郎』に於いて、なんとか不動坊ネタおろし。
お越し頂きましたお客様、ありがとうございました。

前回の写真が例のティッシュです。

16日は、芸協まつり不参加で、石を投げられつつ、師匠と長野へ。
師匠の新幹線のチケットがなかったり、師匠の寝間着がなかったりと、色々トラブルはありましたが、無事終了。
皆様お世話になりました。

新宿末廣亭では、二人羽織りの控えメンバーに入り常に待機。
いつケガ人が出ても代わりが出来るように、気持ちを作っておく。

幸いケガ人もなく一安心。

20日は、以前からの知り合い、孤高のメス・ドクター林先生の紹介で、かつしかFMに出させて頂く。
笑いと健康について、病気になるほど話す。

23日20時放送です。葛飾区近辺しか放送しないので、僕も聞けません。

終わってから、孤高の先生の病院の近くの西葛西まで送ってもらう。

西葛西は、小5まで住んでいたので、道行く人が全て同級生に見える。
そんなはずもないのに。

ピンマイクカラオケに連れて行ってもらう。
バーのようなお店で、入るとすぐピンマイクをつけられる。
自分が入れた曲が流れると、マイクを持って立ち上がったりすることなく、それぞれが自分の思うがままの格好で、語るように歌いだす。

ほおづえ、うつむく、寝転がる、トイレでしゃがむ。

カラオケが苦手な僕ですら、なんだか心地良い。

『あなたに会えてよかった』を入れ、ピンマイクをつけたまま、歌いながら駅へと歩いていった。

明日はあかぎ寄席です。よろしくお願いします。
22日(土)
14:00〜/16:30〜/19:00〜(各回入替)
第4回あかぎ寄席
出演/A太郎、立川こはる、神田松之丞、鏡味味千代
料金/¥1500(あかぎカフェドリンク1杯無料券付)
場所/赤城神社

2011年10月13日木曜日

寿司

ここ数日、国立演芸場・上野広小路亭・新宿末廣亭と、桃太郎独演会にお越し頂きありがとうございました。

良かったり、悪かったりと一喜一憂の日々です。

この間、浅草演芸ホールで稽古をして頂いた帰りに、先輩方にお寿司をご馳走になる。

楽しみに行ったのだが、とんでもない店だった。

まず店に入ると、くさやの匂いが鼻をつく。しかし、店にはくさやは置いてない。我慢出来ずに店の戸を開けっ放しにしておく。

おしぼりで手を拭くと生臭い。顔を拭かなくて良かったと安心したのも束の間、出てきた湯のみに何かの足が張り付いていた。ふと前を見ると、足が一本ない小さいゴキブリが通り過ぎていった。

お前のか。

怖いものみたさで、ハエが飛び回っているガラスケースの中からイカの握りを注文する。

ねっとりのイカと黄ばんだお米。

書いていて気持ち悪くなってきた。

もしかしたら、実はめちゃくちゃ美味しいんじゃないかと期待した自分が馬鹿でした。

そして、こんな店にもかかわらず、店のおばあさんは、ネタや日本酒に関するうんちくを得意げに語る。

彼女は夢でも見てるのかもしれない。

もし行きたい方がいらっしゃいましたら、お教えします。

さてさて、明るい話題に変えましょう。
明日は『95分ぐらいのA太郎』です。
やっと『不動坊』をお見せ出来ると思います。
皆さん是非ともお越し下さい。

14日(金)
19:30〜
95分ぐらいのA太郎 vol.4
料金/¥1000
場所/渋谷区文化総合センター
大和田4F大練習室

2011年10月6日木曜日

告知

以前から告知していました『A太郎以外未定の落語会』ですが、ゲストで出ていただける方々が見つかりましたので報告します。

師匠・昔昔亭桃太郎、兄弟子・昔昔亭桃之助、立川三四楼兄さん、鏡味味千代さん、笑福亭羽光さん(仮)です。

ゲストは、見つかりましたが、お客様が見つかりません。
よろしくお願い致します。

25日(火)
19:00〜
昔昔亭A太郎以外、未定のらくご会
出演/A太郎、他
料金/¥1500(前売)¥2000(当日)
場所/なかの芸能小劇場

ヨセ

予想通り秋になりました。もう衣は替えましたか。
ラグビーワールドカップ残念でしたね。また、楽しみが一つ減りました。
スポーツの秋です。

先日は、『あかぎ寄席』『北小金ピコ亭』『ラフ!』『SF落語会』『浅草演芸ホール』『国立演芸場』にお越し頂きまして、ありがとうございました。

おかげで、中野駅で盗まれた自転車が、練馬駅で見つかりました。
敢えて鍵をかけないという作戦が、裏目にでて盗まれたのですが、見つかった自転車のカゴには、「鍵をかけましょう」というメモと、輪っかの鍵が入っていました。

身をもって教えてくれたこの人に感謝してもいいのでしょうか?

『北小金ピコ亭』の様子が読売新聞に載ったそうです。しかし、千葉版のみの為見ることが出来ませんでした。どなたか持ってないでしょうか?

『SF落語会』では、あたま山を。
これは、不思議な噺(さくらんぼを種ごと飲み込んだ男の頭から、桜の木が生えてくる。頭の上に花見客が集まってうるさいので、桜の木を引っこ抜くと、窪みが出来る。そこに雨がたまり頭の上に池が。釣り人や屋形船や花火やらでうるさいので、いっそ死んでしまおうと、自分の頭の池に身を投げた)で、好きなのですが、一度寄席でやって、落ち「ドボーンと身を投げた」と言ったところ一つの拍手もなかった悲しい思い出があって封印したのですが、今回このような企画で演ることができて、良かったです。

また、しばらくの封印でしょう。

今日は上野広小路亭です。

よろしくお願いします。

2011年10月1日土曜日

10月の出演予定

よろしくお願いします。

1〜5日

16:40〜

浅草演芸ホール上席



1、7、8日

13:00〜

国立演芸場上席



3日(月)

20:00〜

SF落語会

出演/笑福亭羽光、A太郎(ゲスト)

料金/¥1500

場所/さばの湯



7日(金)

19:00〜

昔昔亭桃太郎独演会

出演/昔昔亭桃太郎、A太郎、北見翼

料金/¥2700

場所/人形町日本橋社会教育会館




11〜20日※交互出演

17:00〜

新宿末廣亭中席




14日(金)

19:30〜

95分ぐらいのA太郎 vol.4

料金/¥1000

場所/渋谷区文化総合センター
大和田4F大練習室





19日(水)

19:30〜

大小原寄席

出演/柳家小蝠、笑福亭里光、A太郎

料金/¥1800(前売)¥2000(当日)※ドリンクつき

場所/大小原



22日(土)

14:00〜/16:30〜/19:00〜(各回入替)

第4回あかぎ寄席

出演/A太郎、立川こはる、神田松之丞、鏡味味千代

料金/¥1500(あかぎカフェドリンク1杯無料券付)

場所/赤城神社



24日(月)

17:30〜

ニツ目勉強会

出演/雷門助六、春風亭柳太郎、瀧川鯉橋、春風亭笑松、雷門花助、A太郎

料金/¥1500(前売)¥2000

場所/お江戸日本橋亭



25日(火)

19:00〜

昔昔亭A太郎以外、未定のらくご会

出演/A太郎、他未定

料金/¥1500(前売)¥2000(当日)

場所/なかの芸能小劇場

2011年9月24日土曜日

ヒーロー

だいぶたちましたが、先日は『今も昔もA他郎』にお越し頂きありがとうございました。

人生初の漫才をし、突っ込まれる快感を覚えました。
次は、突っ込んでみたいです。

羽光さんの講演『芸人人生を振り返って』も熱いものがありまして、楽しい会になったと思います。

18日は、赤城神社のお祭りでかっぽれを踊り狂い、
19、23日は、よみうりランドにて『目黒のさんま』。
ヒーローショーの後に、目の前でお客さんが、秋刀魚をパタパタと焼き煙まみれの中で、まるで悪役のように落語をやって参りました。
終わってから、一人寂しく絶叫マシンに乗り、ギャーと叫んだ自分が恥ずかしかったです。

色々楽しい経験です。

21日は昇々君の会にゲストで呼んでもらいました。
台風で電車が止まってる中、来て頂いたお客さんに昇々愛を感じました。

久しぶりに傘が裏返りました。

さて、今日の今日と、27日の会もよろしくお願いします。

24日(土)14:00〜/16:30〜/19:00〜(各回入替)
第3回あかぎ寄席
出演/A太郎、立川らく兵、神田松之丞、鏡味味千代、五街道雲助(19:00〜のみ)
料金/¥1500(あかぎカフェドリンク1杯無料券付)※19:00〜はドリンク券なし¥2000
場所/赤城神社

27日(火)19:30〜
L+A+U+G+H! #006
出演/A太郎、翼みちよ(ゲスト)
料金/¥2000
場所/dream lab.

2011年9月16日金曜日

同窓会




フランス戦惜しかったですね。いよいよ今日はニュージーランド戦。粘って欲しいです。

さて、先日は着物のお姉様方と、着物を着ていない男性に囲まれての落語会に呼ばれる。

落語二席と懇親会。
古典落語と着物について熱く語る。
皆さんスラスラとメモを取って聞いて下さったが、そのメモを見せてもらうと、『スラスラ』と書いてあった。

見透かされました。

楽しかったです。
また、いつの日にか呼んで下さい。

18日に赤城神社のお祭りで踊りを披露するために、鯉八くん、羽光さんと踊りの稽古へ。

羽光さんが、先生に注意されたときに、「えっ?」と言うのが気になる。

当日は、手拍子で他の方の踊りを盛り上げる僕らを楽しんで下さい。

昨日は『95分ぐらいのA太郎』。

ツイッターでお客さん来て下さい、と呼びかけたら、可女次兄さんと羽光さんが来た。

ありがたく一席づつやって頂く。

会が始まって、しばらくすると、スーツ姿の男性二人が入ってきた。

場所を間違ったのですか、と話を聞くと、なんと小学校の同級生だった。

小学校五年生で東京から京都に引っ越したので、二十年ぶりの再会だ。

あまりに懐かしいので、会を途中で切り上げ、他のお客さんも交えての同窓会に。

なんだか、そういう会になってきたようです。

次回もよろしくお願いします。

今日は、急遽『高円寺楽々亭』へ。

明日は、『今も昔もA他郎』です。

ゲストに羽光さんを迎え、二人で漫才をやります。

羽光さんの家でネタ作り。終わってから、奥さんにハンバーグをご馳走になる。

「お料理上手ですね」と言うと、「お惣菜屋で買いました。」と。

ご馳走さまでした。

明日は、ブログ、ツイッターを見たと言って頂ければ、1500円になります。

是非ともお越し下さい。

17日(土)19:00~
今も昔もA他郎(えーたろう)
出演/A太郎、笑福亭羽光
料金/前売¥1800、当日¥2000
場所/らくごカフェ

2011年9月8日木曜日

ラグビーワールドカップ

先日は、学生落語選手権のゲストとして日本橋亭に行く。

なぜお前が?と言われないように、しっかりとプロの背の高さを見せてくる。

そして、優勝者の賞金10万をうらやましそうに見るという、プロ根性もさらけ出す。

9月上席の池袋演芸場の昼席は、師匠がトリの為、出番はないが楽屋に顔を出す。

帰りに、桃之助兄さんに駄菓子バーという、居酒屋に連れていってもらう。

店員さんが
「この店は、五百円で駄菓子食べ放題ですが、持ち帰りは出来ません。」
と、説明すると、すかさず兄さんが
「バレなければ、持って帰っても大丈夫ですよね」
と、ちゃかした。

しばらく沈黙があり、店員さんが
「ちょっと店長呼んできます」
と、言ったので慌てて兄さんが「ジョーク」と叫んだ。

他のお客さんからの温かい視線が痛かった。

そして、カップルが多い店内で、兄さんと二人で駄菓子を選んでいる光景は、圧倒的だった。

3日は、深夜寄席。
台風となでしこJapanという悪条件の中、ありがたいことに多くのお客様に来て頂く。

五百円の力を改めて思い知る。

終わって、可女次兄さん、蘭姉さん、鯉八くんと軽く打ち上げ。

終電を逃した為、蘭姉さんはタクシーに乗る。残りの三人は、そのタクシーが見えなくなるまで頭を下げる。そして歩いて帰る。

5日は、鯉八くんが落語免許の更新手続きの為休み。代演で池袋演芸場の夜席へ。

お客さんから、ご祝儀を頂く。
写真にあるように、千円札ならぬ、千円シャツだそうだ。
可愛らしいので、写真にとり、隣の油そば屋で大切に使わせて頂きました。
美味しかったです。
ありがとうございました。

9月15日は、第3回『95分ぐらいのA太郎』です。
酢豆腐、目黒のさんま、宮戸川などを、演る予定です。

17日は第3回『今も昔もA他郎』です。
ゲストに笑福亭羽光さんを迎え、二人で漫才をやることになっています。
経験者の羽光さんに頼りっきりの会になりそうです。お楽しみに。

両方、いや、どちらか、いや両方是非お越し下さい。

15日(木)
19:30〜
95分ぐらいのA太郎 vol.3
料金/¥1000
場所/渋谷区文化総合センター
大和田4F大練習室

17日(土)
19:00〜
今も昔もA他郎(えーたろう)
出演/A太郎、笑福亭羽光
料金/前売¥1800、当日¥2000
場所/らくごカフェ

2011年9月1日木曜日

9月の出演予定

よろしくお願いします。

3日(土)21:30〜

深夜寄席

出演/三笑亭可女次、神田蘭、
A太郎、瀧川鯉八

料金/¥500

場所/末廣亭




15日(木)19:30〜

95分ぐらいのA太郎 vol.3

料金/¥1000

場所/渋谷区文化総合センター
大和田4F大練習室





17日(土)19:00〜

今も昔もA他郎(えーたろう)

出演/A太郎、笑福亭羽光

料金/前売¥1800、当日¥2000

場所/らくごカフェ



21日(水)19:00〜

第2回昇々ひとり会

出演/春風亭昇々、A太郎(ゲスト)

料金/前売¥1000、当日¥1200

場所/なかの芸能小劇場



24日(土)14:00〜/16:30〜/19:00〜(各回入替)

第3回あかぎ寄席

出演/A太郎、立川らく兵、神田松之丞、鏡味味千代、五街道雲助(19:00〜のみ)

料金/¥1500(あかぎカフェドリンク1杯無料券付)※19:00〜はドリンク券なし¥2000

場所/赤城神社





27日(火)19:30〜

L+A+U+G+H! #006

出演/A太郎、翼みちよ(ゲスト)

料金/¥2000

場所/dream lab.


 

2011年8月29日月曜日

ワンダー

先日は、三四楼兄さんの『ワンダー落語会』に呼んで頂き、新作落語を自由に演らせてもらう。

そこはまさに、ワンダーな空間。

終わってから、兄さんに「一応打ち上げあるけど、多分僕の友達とは話が合わないと思うから、無理して来なくていいよ」と言ってもらう。
こういうのを本当の優しさというんでしょう。

兄さんありがとうございました。

一昨日は『第二回あかぎ寄席』。
26日の土曜日にもかかわらず、前回よりも多くのお客様にお越し頂き、ありがとうございました。

一日三公演ということで、二時の会ではマクラのみ、四時の会では酢豆腐の前半、七時の会では酢豆腐の後半を演る。

しかし、入れ替え制の為、三回全て見てくれたお客様は、さすがにお一人だけ。

すいませんでした。

酢豆腐はネタおろしで緊張していたが、若旦那の「お前らは腐った豆腐じゃねぇ」の台詞からぐっと乗っていく。

三部には、小学生がいたので安易にウンコチンチンを連発してしまう。

次回もまた坊主でしょう。

ご祝儀、差し入れありがとうございました。

昨日は、師匠のお客様の紹介で、フレッシュひたちに乗り、茨城県の石岡へ。

高座には、名産のフレッシュ納豆ジュースを出して頂く。

罪と罰、酢豆腐を演る。

この日も小学生がいたが、落語が始まったとたん、他のお客さんに迷惑をかけないように、そっと外へ出て行った。

えらいね。

この日の酢豆腐では、若旦那の「腐ってからが納豆だ」の台詞から、ぐっと乗っていく。

終わってから、出て行った小学生が戻ってきて、「お兄さんって、うちの親戚のおじさんに似てるね」と言われる。

またか。

以前も、息子の友達の小川くんに似てると言われたことがある。

こうなったら、親戚のおじさんと小川くんと僕の三人で、人生について語り合いたいものだ。

2011年8月27日土曜日

先日、滝行仲間4人で滝行に。
軽い気持ちで行ったのだが、行はそんなに甘くない。
絶対に笑ってはいけないのだが、河童に似た後輩が滝に打たれてると、住職から笑いが。
しかし、僕らは真剣だ。
息が出来ない。
体が震える。
『えいっ』と叫んでみる。
祈る河童。
しばらくすると、体が熱くなってくる。
行の成果だ、と終わってから、4人でたたえ合ってたいたら、翌日全員熱が出た。
そうきたか。
次回は、冬に行こうと言ってみたが、言ってみただけだ。

昨日は、十条の『街なか』という店で、可女次兄さんと落語会。
皆さんありがとうございました。

今日は、あかぎ寄席です。よろしくお願いします。

27日(土)
14:00〜/16:30〜/19:00〜(各回入替)
第2回あかぎ寄席
出演/A太郎、立川談吉、神田松之丞、鏡味味千代
料金/¥1500(あかぎカフェ
ドリンク1杯無料券付)
場所/赤城神社

2011年8月21日日曜日

先日は、『ラフ!』にお越し頂きまして、ありがとうございました。

ちりとてちんを作って食べましたが、思ったよりも苦くなかったですよ。
お客様にも、意外に好評で「ワインに合う」なんていう意見までありまして驚きました。

小笑先生も、この会の為にわざわざ鹿児島から来て頂き助かりました。
小笑先生が演った落語『ちりとてちん』の中で、ちりとてちんを食べる仕草より、鯛を食べる仕草の方が不味そうに見えたのは、僕だけでしょうか?

おそらく、実家での豪華な食事に飽きたのでしょう。

次回は、9月27日です。
よろしくお願いします。

今日は、立川三四楼兄さんの落語会のゲストで落語カフェへ。
昨日兄さんから『マッドサイエンスの新作を演るので、ネタがかぶらないように』との電話が。

心配しないで下さい兄さん。絶対にかぶりません。

明日は、滝行の予定。暑さをぶっ飛ばそうと思っていましたが、最近寒いので本当の修行になりそうです。
『雨なら中止ですか?』と先方に電話をすると、『修行をなめるな』とのお答えが。
すいません、そりゃそうですよね。

26日は、可女次兄さんと十条で落語会。
27日は、あかぎ寄席。
28日は、茨城県で落語会。

皆さん是非お越し下さい。

2011年8月18日木曜日

ロク

三日前に、父から『ロクが逃亡した』と、メールが来た。

ロクとは、実家で飼っている犬のことで、僕が大学の頃、雨に濡れて震えているところをそっと抱きしめて家に連れて帰り、その後一切面倒をみずに、母に任せっきりにするという、いい年をしてまるでのび太のようなことをした、あのロクだ。

どうやら、花火大会の大きな音に驚いて、網戸を破って逃げ出したそうだ。

『10年近く飼われてて、何を逃げることがあるのだろか』

『ひょっとしたら、ずっと逃げるタイミングを探っていたのだろうか』

など、色々考えていると再び父から、
『出来たら、ツイッターとやらでささやいて欲しい』
と、メールが来た。

「ささやいてどうするんだ、誰も気付かないだろう」と思ったが、いや「お前のつぶやきなんて、ささやき程度のものだ」という皮肉なのか。
まあ、一応つぶやく。

案の定、つぶやきはささやき程度のものだったが、昨日ロクが帰って来たと母から電話が。

逃げるときは、網戸だったが、帰りはキチンと玄関からノックして入って来たそうだ。

眼帯に松葉杖をついて。

なぜ逃げたのか理由を聞くと、夏休みで旅に出たかったということ以外は、頑なに口を開かなかったそうだ。

何はともあれ、ひとまず、帰ってきて安心した。

ありがとうございました。

ということで、明日は『ラフ!』です。
テーマはちりとてちん。
作って食べましょう。
是非お越し下さい。

19日(金)
19:30〜
L+A+U+G+H! #005
出演/A太郎、三遊亭小笑(ゲスト)
料金/¥2000
場所/dream lab.

2011年8月15日月曜日

先日は、『95分ぐらいのA太郎』にお越し頂きありがとうございました。
お盆にもかかわらず、あんなにも。
初めて落語を聴くという方もいらっしゃったので、新作・古典・改作と色々な形の落語を四席。
お互いに、お疲れ様でした。
開演前に、「何時に開場するんだ?」と、開場を待ちわびてたおじさんが、開場しても中に入って来なかったのには驚きました。ただ単に何時に開場するか知りたかっただけなのでしょうか?
次回は、是非入ってきてもらいたいものです。

さて、19日は『ラフ!』です。
テーマは『ちりとてちん』
勉強の為に今実際にちりとてちんを作っています。
当日、皆さんにお見せ出来るのを楽しみにしています。
試食会もありますので、是非会場へお越し下さい。
ゲストは、三遊亭小笑先生です。
1ヶ月ほど、夏休みで鹿児島の実家に帰っているそうで、ちゃんと来て頂けるか心配です。
ひょっとしたら、音声だけの出演になるかもしれません。
おそらく、働いていないのに裕福になっていることでしょう。
よろしくお願いします。

19日(金)
19:30〜
L+A+U+G+H! #005
出演/A太郎、三遊亭小笑(ゲスト)
料金/¥2000
場所/dream lab.

2011年8月12日金曜日

13日と19日

先日、ブログに書いた電気シェーバーの『充電が終わっても、充電中のランプが消えない』という、ふざけた機能をすっかり忘れてしまい、なかなか充電が終わらないな〜と、何時間も充電し続けてしまいました。

明日と19日の落語会是非お越し下さい。

13日(土)
19:00〜
95分ぐらいのA太郎
料金/¥1000
場所/渋谷区文化総合センター大和田
4F 大練習室

19日(金)
19:30〜
L+A+U+G+H! #005
出演/A太郎、
三遊亭小笑(ゲスト)
料金/¥2000
場所/dream lab.

2011年8月9日火曜日

先週は、久しぶりに踊りの稽古に行く。

以前は、メキシコや梅祭りで踊るという目標があったので、熱心に通っていたのだが、気付いたら半年近くあいてしまった。

羽光さんが、踊りを初めたいというので、ちょうどいい機会なので、鯉八くんと一緒に着いていく。

メキシコでついた南米特有の踊りの癖を少し直されたが、何とか振り付けは覚えていた。

鯉八くんは、振り付けを無視し独自で踊り、羽光さんは、メキシコに行ったこともないのに、メキシコなまりの踊りになっていたのには驚いた。

その後、踊りの先生に、浅草によく利く気孔師がいると教わり、面白そうなので、羽光さんと行ってみる。

気孔師の先生に、
『どこか悪いところはないか?』
と聞かれたので、
『特にないです』
と答えたら、
『じゃあ、帰って下さい』と言われた。

せっかく浅草まで来たので、そこを何とかお願いします、と頼み込み気を入れてもらった。

気が入ったかどうか、正直わからなかったが、頼み込んでまでやってもらったので仕方なく、
『入りました、ありがとうございます。』と言わざるをえなかった。

そして、羽光さんには、気孔師の先生が汗だくになり気を入れていたが、全く入らないので、『あなたは、既に気が充満しています』
と、言われていた。

4日は、横浜にぎわい座で高座。
師匠と、電車で隣同士、新聞を読みながら帰ってきた。

6日からは、上野広小路亭。
古典に新作にと、もがいています。
浅草、鈴本もいいですが、ここは敢えて上野広小路亭へ、是非ともお越し下さい。
よろしくお願いします。

2011年8月1日月曜日

8月の出演予定

よろしくお願いします。

4日(木)

14:00〜

横浜にぎわい座有名会

出演/昔昔亭桃太郎、
古今亭志ん馬、三遊亭吉窓、
A太郎、柳月三郎、
江戸家まねき猫

料金/¥3000

場所/横浜にぎわい座



6〜10日

12:15〜

お江戸上野広小路亭




13日(土)

19:00〜

95分ぐらいのA太郎

料金/¥1000

場所/渋谷区文化総合センター大和田
4F 大練習室



19日(金)

19:30〜

L+A+U+G+H! #005

出演/A太郎、
三遊亭小笑(ゲスト)

料金/¥2000

場所/dream lab.


 

21日(日)

19:00〜

立川三四楼独演会”ワンダー落語”

出演/立川三四楼、A太郎(ゲスト)

料金/前売¥1500、当日¥1800

場所/らくごカフェ




27日(土)

14:00〜/16:30〜/
19:00〜(各回入替)

第2回あかぎ寄席

出演/A太郎、立川談吉、
神田松之丞、鏡味味千代

料金/¥1500(あかぎカフェ
ドリンク1杯無料券付)

場所/赤城神社

2011年7月31日日曜日

昨日は、湘南新宿ラインが遅れるという悪条件のなか、『桃から生まれたA太郎』にお越し頂きありがとうございました。

先日思い出した地元横浜で会が出来る喜びと、師匠をゲストに迎える緊張と、お客さんが集まってくれるのかという不安と、両親が来る恥ずかしさと、弟の嫁に初めて会い、妹と呼ぶ照れと、鯉ちゃ・明楽・鯉八にギャラをいくら渡すのかというせめぎ合いと、ネタ三席を何にするのかという焦りと、トークコーナーは本当に必要なのかというもどかしさと、横浜だからといってお弁当は崎陽軒でいいのかというひねくれが、色々混ざりあった会になったことを誇りに思う気持ちが、終わったという『ホッ』に変わったことをここに誓います。

想像以上に、長い時間お付き合いして頂きまして、ありがとうございました。

帰りに弟にご馳走になった兄を許して下さい。

皆さんこれからもよろしくお願いします。

2011年7月30日土曜日

桃A

幼稚園の頃、横浜の緑区桜台に住んでいたことを思い出しました。

明日の落語会よろしくお願いします。

ブログを見たと言って頂ければ、前売り料金になります。

2011年7月28日木曜日

ラブ

昨日は、『ラフ!』にお越し頂きありがとうございました。
スタッフの方々のおかげで、お客さんがいつもより増えまして、楽しい会になりました。
今後も、定着していけるように頑張ります。

取材に協力して頂いた、永青文庫の石井さん、時代小説家の永井さん、わざわざお越し頂きありがとうございました。

Ustreamを見て頂いた、全世界のうちの何人かの皆様、ツイッターでつぶやいてくれた皆様、ありがとうございました。

前日に、朝まで僕の兄弟子に付き合ってあげたにもかかわらず、テンションを上げてトークをして頂いた夏丸兄さん、ありがとうございました。

「勉強に来ました」と言って、本当に楽屋で、出番も無いのに自分のネタを稽古し始めた羽光さん、ありがとうございました。

僕が、高座終わりで食べようと楽しみにとっておいた天むすを、残らず食いあさりに来てくれた鯉八くん、ありがとうございました。

「うわ〜、行きたかったす」と今日の夕方演技をしてくれた明楽くん、ありがとうございました。

次回は、8月19日です。
よろしくお願いします。

そして、いよいよ7月30日は『桃から生まれたA太郎』です。
師匠桃太郎をゲストに迎える初めての会です。

是非お越し下さい。

30日(土)19:00〜
『桃から生まれたA太郎』
出演/昔昔亭桃太郎、A太郎
料金/前売¥2000
当日¥2500
場所/横浜にぎわい座 のげシャーレ

2011年7月25日月曜日

ラフ!

ツイッターを始めてみようかと。
アカウントは、a_ataroということです。

さて、先日手帳を無くす。
家中探してもどこにもない。

困った。

手帳を無くしたとたん、まず間違いなくそんなことはないのだが、ひょっとしたら次の日に仕事が入っているような気になってくる。

いや、間違いなく入っている。

ひとまず、前日に行った和民に電話をしてみる。
なんと、すぐ見つかった。
いや〜嬉しかったですね。
元々あったものが、戻って来ただけなのに、こんなに嬉しいとは。

これだから、物を無くすのは止められない。

手帳を開くと、次の日は空白だった。
これはもう、仕事が入っている程になっていたので、より残念だった。

そして、20日の大小原寄席は台風で中止に。

22日は、日本橋亭で、枝太郎師匠主催の新作落語会。
米丸師匠、今輔師匠とご一緒させて頂く。
やっぱり新作はいいですね。
皆さん闘ってます。
もう米丸師匠は、新作落語の神様です。
恐れ多いですが、稽古をして頂けることになりました。
ありがたいです。

明日は『ラフ!』です。
今回のテーマは『サムライ』
ゲストに夏丸兄さんをお迎えして『おすわどん』
僕は、『井戸の茶碗』
さらに、井戸の茶碗を求めて永青文庫を訪ねたVTRもあります。
侍も我々と同じ人間で、古典落語も日本で作られたものというのに改めて気がつかされました。

是非お越し下さい。

26日(火)19:30〜
L+A+U+G+H! #004
出演/桂夏丸(ゲスト)、A太郎
料金/¥2000
場所/dream lab.

2011年7月19日火曜日

よろしくお願いします

こんばんは、昔昔亭A太郎です。
先日は、第1回あかぎ寄席にお越し頂きまして、ありがとうございました。
反省致しまして、丸坊主にしました。
アフロにしようかと迷ったのですが、これもエコでしょう。
これで、次回は髪を引っ張り回されなくてすみそうです。
成長します。

1日3回公演ということもあり、最後の会のときには、完全にヒゲ面になってしまったので、頂いたギャラで電気シェーバーを買いに行きました。

同じ種類で、値段が300円違うシェーバーがあったので、何が違うのかと店員さんに聞いてみると、300円高い方は、充電しているときに、「充電しているよ」と、ランプがつくが、安いほうはそれがないとの説明。
何となく、携帯でも充電の完了が気になるので、まあ300円なら充電ランプがあった方がいいかと思い、3300円のシェーバーを購入。

久しぶりに物を買う嬉しさから、急いで家に帰り、説明書を読むと、『充電が完了してもランプは消えません』とのこと。

じゃあ、ランプがついてもつかなくてもいいじゃないですか。
完了したかどうかが気になるんですよ。

悔しいので、サンガリア飲みます。

でも、次回はヒゲ大丈夫です。

是非お越し下さい。

2011年7月15日金曜日

ワールド

サッカー凄いですね。
勝つとすぐに、女性の時代だなんて言われますが、負けたドイツは女性の時代が終わったのでしょうかね。
純粋にスポーツとして、楽しみたいものです。
そろそろ、ラグビーも始まるので、そちらも楽しみです。

今日明日と落語会です。是非お越し下さい。

公演名 高円寺楽々亭
7月15日 金曜日
開演時間 19:00
会場 高円寺・ひのや呉服店
木戸銭
前売 1000円
当日 1500円
番組(出演者) 昔昔亭 笑海 他
お問い合わせ先
名称 090−4415−8846
※お茶、お菓子付き

第1回 あかぎ寄席
7月16日 土曜日
会場 赤城神社
木戸銭
前売
当日 1500円(あかぎカフェドリンク1杯無料券付)
番組(出演者) 昔昔亭A太郎 立川こはる 神田松之丞 鏡味味千代
内容 14:00-/16:30-/19:00- 〔各回入替〕
お問い合わせ先
名称 a@a-taro.com A太郎
URL http://www.akagiyose.com/

2011年7月13日水曜日

ハイっ

久しぶりに日本に帰って来ましたが、相変わらず暑い日が続いてますね。
まあ、氷河期よりかは、ましでしょうか。

先日は、『第3回イケメンRAKUGO会』にお越し頂きありがとうございました。
一番手の僕が、「さあ、イケメン達が集まりました」と言うと、結構な笑いが起きました。
つまり、そういうことなのでしょう。
ですから、皆さん構えずに、次回も是非お越し下さい。

次の日は、夕刊フジの『桃太郎・喬太郎・三三 三人会』のお手伝いに行く。
前座の宮治くんも含め全員の高座が勉強になりました。
道のりは長いです。

土曜日は、新宿末廣亭で深夜寄席。
トリで長くやってもいいということで、深夜寄席では、初めて古典『井戸の茶碗』を演る。
お客さんに助けられ、何とか最後までやり遂げる。

お越し頂いた大勢のお客様ありがとうございました。

和光兄さん、時間を短く調整して頂きありがとうございました。
月夢兄さん、このブログを見て頂いてるということで、ありがとうございました。
羽光さん、話し相手になってくれてありがとうございました。

翌日、昼間に上野広小路亭で、羽光さんの代演。

夜は、渋谷で『95分ぐらいのA太郎』
新作2本、古典2本とみっちり演らさせて頂きました。

今日は1日5席。
5打数何安打だったんでしょうか?解説の高木さん。

来て頂いたお客様ありがとうございました。
今後も、定着していけるように頑張ります。

ちなみに最近のテーマは、岡本太郎です。
自分と闘う、そして違和感です。

2011年7月5日火曜日

7月の出演予定

9日(土)21:30〜
深夜寄席
出演/三笑亭月夢、笑福亭和光、A太郎、笑福亭羽光
料金/¥500
場所/新宿末廣亭



10日(日)18:45〜
95分ぐらいのA太郎
料金/¥1000
場所/渋谷区文化総合センター大和田4F 大練習室



16日(土)14:00〜/16:30〜/19:00〜(各回入替)
第1回あかぎ寄席
出演/A太郎、立川こはる、神田松之丞、鏡味味千代
料金/¥1500(あかぎカフェドリンク1杯無料券付)
場所/赤城神社



20日(水)19:30〜
大小原寄席
出演/柳家小蝠、笑福亭里光、A太郎
料金/前売¥1800、当日¥2000
場所/大小原



22日(金)17:30〜
若手特選落語会 芸協新作魂!-古典も出来た時は新作です-
出演/桂米丸、古今亭今輔、桂枝太郎、A太郎、宮田陽・昇
料金/¥1500(前売)¥2000(当日)
場所/お江戸日本橋亭


 
26日(火)19:30〜
L+A+U+G+H! #004
出演/桂夏丸(ゲスト)、A太郎
料金/¥2000
場所/dream lab.


 
30日(土)19:00〜
桃から生まれたA太郎
出演/昔昔亭桃太郎、A太郎
料金/前売¥2000当日¥2500
場所/横浜にぎわい座 のげシャーレ

2011年7月3日日曜日

わかるかな

今日は師匠のお供で福井に。
昭和のいるこいる先生、堺すすむ先生、松鶴家千とせ先生など、大変な方々とご一緒させて頂く。
皆さんのあまりのパワーにぐったり。

明日は、
4日(月) 18:30〜 イケメンRAKUGOKAI
出演/昔昔亭桃太郎、瀧川鯉斗、A太郎、春風亭昇々、春風亭昇吉
料金/¥2500
場所/お江戸日本橋亭

このブログを見たと受付で言って頂ければ、1500円になります。
皆さん是非お越し下さい。
よろしくお願いします。

2011年7月1日金曜日

浅草の子供

25日は、遊喜師匠に呼んで頂きギー寄席に。
『鶴と亀』『井戸の茶碗』。
お客様の無垢な心に、また惚れました。

終わって遊喜師匠に、好物のカツカレーをご馳走になる。
凄いボリュームで大満足。
ありがとうございました。

帰りに師匠家へ寄らせて頂く。
なんと、おかみさんからも手作りのカツカレーをご馳走になる。
野菜たっぷりで、大変おいしかったです。
ありがとうございました。

どうせならもう一食もカツカレーにしようと思い、スーパーでロースカツ、人参、ジャガイモ、玉ねぎ、カレーのルー、ローリエを買って帰る。

翌日は、師匠に東久留米の落語会に連れて行って頂く。
高座で、そばを食べる仕草をして、
「何を食べているでしょうか?」
「そば?」
「いいえ、うどんです」
という、伝統芸を初めてやってみる。

しかし、
「何を食べているでしょうか?」
と聞くと、
お客さんが
「ラーメン?」
と答えた。
仕方ないので、
「いや、そばです」
というと、シーンとした。

背中がゆれました。

帰りに、見に来ていた子供に手ぬぐいをあげる。
しかし、お母さんに「知らないおじさんから、そんなのもらっちゃいけない」と、怒られていた。
そして、泣きながらミッキーマウスのうちわをお返しに持ってきてくれた。

ごめんね。

そのまま、師匠に付いて、十条の『梅の木落語会』に出演。

師匠に公開ダメ出しをしてもらい、また正面から師匠の高座を見させて頂き、勉強になりました。

来て頂いたお客様、ありがとうございました。

翌日は『ラフ♯3』。
いつか売れると信じてた。客が二人の演芸場で。

次回も頑張ります。

翌日は、浅草演芸ホールで遊雀師匠に稽古して頂く。
その後、打ち上げに参加させてもらう。
ご馳走さまでした。

帰りに財布をなくす。交番に行くと、何と既に届いていた。この財布は三回落として、三回とも交番に届けてあった。

前回はあまりに嬉しくて、新作のネタにしたのだが、反応があまり良くなかったので、今回はほどほどに喜びます。

拾ってくれた方、ありがとうございました。

帰りの電車で、落語協会の二ツ目新作落語派の方々と会う。

なんだか、気持ちが引き締まりました。

煮え切らない一週間でしたが、最後にやる気が出ましたね。

2011年6月25日土曜日

コクチ




28日(火)
19:30〜
L+A+U+G+H! #003
出演/三笑亭可女次(ゲスト)、A太郎
料金/¥2000
場所/dream lab.

今回のテーマは落語漫画。

○『ホタルノヒカリ』でお馴染みの、ひうらさとる先生に、現在連載している『メゾンde長屋さん』についてのインタビュー映像あり。

○ひうら先生のサイン入り単行本を5名様にプレゼント。

○可女次兄さんによる古典落語。

○ついでにA太郎の新作落語。

などなど、盛り沢山です。

是非お越し下さい。
よろしくお願いします。

Ustreamで中継もしますので、遠方の方も是非ご覧になって下さい。

http://www.ustream.tv/channel/l-a-u-g-h

魅惑

本日は、『今も昔もA他郎』にお越し頂きありがとうございました。

初めて僕の会に来て頂いたお客様もいらっしゃいまして、徐々に徐々にという感じです。

今回は、可女次兄さんをゲストにお呼びしまして、古典と新作を一席づつ。

敢えて、古典と新作の似ている噺を演るということで、『罪と罰』と『転宅』、『魅惑のアジアンツアー』と『悋気の独楽』。

いかがでしたでしょうか?
何だか似てると言われるのは、悔しいですが、古典を勉強して作っていますので仕方ありません。

古典落語を作った方には謝ります。

アンケートを取ってないので、次回の会で感想を聞きたいです。
是非来て下さい。

次回のゲストの羽光さんが、今回と勘違いして来てしまい、エンディングで、スタンディングオベーションをしていたのには驚きました。

皆様、本日はありがとうございました。

2011年6月21日火曜日

コクチ




24日(金)
19:00〜
『今も昔もA他郎』
出演/三笑亭可女次、A太郎
料金/前売¥1800、当日¥2000
場所/らくごカフェ

よろしくお願いします。
ブログにてご予約頂くか、当日このブログを見たとおっしゃって頂ければ、なんと1500円になります。
是非お越し下さい。

仕事

先日は、中野TWLで『お子様ランチ』という、お笑いライブに出演させて頂いた。

立ち高座で、新作『鶴と亀』の最初の五分をやる。

着物で出てきたので、侍コントが見られると思っていたお客さんは、がっかりしていたようだが、何とかやり遂げた。

後輩というか、芸人の先輩の羽光さんが見に来てくれていたのだが、終わったら何も言わずに帰っていった。

相変わらずだ。

昨日は、枝太郎師匠に呼んで頂き、取手での落語会に出演する。
遊雀師匠、鯉太師匠、マジックのケン正木先生とご一緒。

ねじ回しの会、お笑いライブ、そしてこの落語会と、それぞれ全く客層が違うので、勉強になるというか、難しい。

終わって、楽屋でぼっーとしていると、ケン正木先生の連れて来た鳩が、ホロッホー(俺も客層によって、出方や羽ばたき方を変えたりと色々苦労してきたよ。何事も経験だ。)と鳴いた。

ありがたいお言葉だ。

先生に後で、その話をすると、客層によって鳩を変えているとおっしゃった。

あの鳩め。

2011年6月19日日曜日

終わり

先日は『ねじ回しの会 最終回』にお越し頂き、ありがとうございました。

常連さんや、久しぶりの方、また初めての方など、多くのお客さんのおかげで、良い雰囲気の中、落語をすることが出来ました。

最終回ということで、もちろんゲストに立川三四楼兄さんをお迎えして、華を添えて頂きました。

この会を応援して下さった皆様ありがとうございました。

次回は、10月頃の予定です。

2011年6月17日金曜日

最終回

いよいよ本日『ねじ回しの会』が最終回となります。

前座の頃から、約三年。新作を作り続けてきました。なかなか感慨深いものがあります。

今回は、昇々・羽光の二ツ目昇進披露口上もありますので、今まで来て頂いた方も、初めての方も是非お越し下さい。

先日、我が家でネタ見せ会を行いました。
全員が、チャイムを押さずに勝手に家の中へ入ってきたことに、今も驚いております。

このメンバーと、二度と口をきかなくなるというのも、寂しいものです。

17日(金)
19:00〜
ねじまわしの会最終回
出演/三笑亭可女次、A太郎、瀧川鯉八、春風亭昇々、笑福亭羽光
料金/¥1000
場所/お江戸両国亭

2011年6月8日水曜日

ありがとうございます

昨日は、何かと慌ただしい一日。
しかも、一日中着物で移動。
落語家のくせに、着物で外を歩くのは、やっぱり疲れる。
周りの視線も痛いので、今日一日は、浮き世離れした作家の程でいようと決める。

まず、お昼には、ドラマにもなった『ホタルノヒカリ』の漫画家、ひうらさとる先生にインタビューさせて頂く。
ひうら先生は、現在『メゾンde長屋さん』という、古典落語をテーマにした漫画をお描きになっているので、そのことについてお話を伺った。

漫画好きで、絵を描く才能と物語を作る才能があれば漫画家になりたいと思っていた僕が、売れっ子の漫画家の方の、しかもご自宅にお邪魔するという、緊張以外の何ものでもない設定だ。

お忙しい中、気さくにお話させて頂いた、ひうら先生ありがとうございました。

このインタビューの詳しい様子は、今月28日の落語会『ラフ!』にて放送します。
会場に来て頂いたお客様の中から5名様に、ひうら先生のサイン入り単行本をプレゼントしますので、それを目当てに是非お越し下さい。
また、Ustream中継もやっていますので、遠方の方も是非ご覧になってください。

インタビューが無事終わると、風邪を引き36度5分の高熱が出た鯉八くんの代演で、浅草演芸ホールに向かう。

元気いっぱいの明るい高座を終え、今度は、森下文化センターでの桃之助兄さんと夏丸兄さんの会に向かう。

桃之助兄さんに、どうして着物で移動してるのかと聞かれたので、実は最近着物で生活していますと、嘘をついてしまいすいませんでした。

師匠の前で稽古をするような楽しい雰囲気の中、『井戸の茶碗』を演る。
その途中、お客様に申し訳ないが、話を間違えてしまった。
井戸の茶碗が、真っ二つに割れてしまったので、それを再び張り合わせる接着剤を探すという話になってしまい、すいませんでした。

会が終わり、軽く反省会。
桃之助兄さんが、話を間違えたときの対処法を語る。
あえて、そのように言って頂きありがたかったが、使う日が来ないことを願う。

お店に、「本日お誕生日をお迎えの方は、スタッフまでお声掛け下さい」という、貼り紙があった。

恥ずかしかったが、せっかくなので、今日が誕生日だと店長に言うと、しばらくしてアイスクリームの上にビスケットを乗せた、とても甘いものを持ってきてくれた。

店長と桃之助兄さんが、ハッピーバースデーを歌ってくれる。店長に笑顔はない。兄さんが他のお客さんもどうぞと、あおる。誰も乗ってこない。他のお客さんから、うるさいとクレームが。店長は歌を早める。にもかかわらず兄さんは、最後のトゥーユーを粘る。トゥ〜〜〜、と言ってる間に、店長は他のお客さんに謝りにいく。そして、店に張ってある誕生日の貼り紙をはがして回りだした。

何だか皆さん、余計なこと言って、すいませんでした。

桃之助兄さん、記憶に残る誕生日ありがとうございました。

ブログにお祝いメールを送って頂いた方、ありがとうございました。

色々あった一日でした。

2011年6月3日金曜日

中2

今日は、浅草演芸ホール出番の前に、社会科見学に来ていた中学生3人に、楽屋やら高座やら太鼓やらを案内する。

最後に質問は何かないかと聞くと、
「どうやって生活してるんですか?」ときた。
ふと現実に戻りうなだれていると、前座の鯉和くんが来て、
「落語家になる前のサラリーマン時代の貯金で生活している」
と、より現実感を出してきた。

中学生は、それだけをメモっていた。

ついでに、高座も見ていくというので、僕が出るときに、「待ってました、A太郎!」とかけ声をかけてとお願いする。

いざ出番がきて、3人の方を見ると、何やらモジモジしている。
そのモジモジが、他のお客さんにも移り、ついには会場全体がモジモジしはじめた。
何だか、僕までモジモジしてしまい、ふと中学生の頃のモジモジを思い出し、自分が中学生だったら、絶対にかけ声なんてかけないなと思い、3人に『モジモジさせてすまない』と、落ち間際に心でつぶやき、ついでに頭を下げた。

帰りに何と手紙をもらう。

『意外と面白かったです。また十年後見に来ます。』

ありがとう。

明日は、出番入れ替わりまして、16時半頃出ます。

十年前に、意外と面白かったと思った方、見に来て下さい。

はしご

昨日は、浅草演芸ホール出番の後、ファミレスでネタ作り。

ネタ作りは、ほとんどファミレスでやるのだが、なるべく店は変えるようにしている。

あんまり同じ店に通い続けると、『ドリンクバー野郎』なんてあだ名をつけられて、

「また来たよ、あのドリンクバー野郎。どうせドリンクバーなんだから、注文とらなくてもいいか!」
「ダメっすよ、店長に怒られますよ。もしかして、他のを注文するかもしれませんよ」
「じゃあ、かけようか?俺ドリンクバーに千円」
「ズルいっすよ!じゃあ僕もドリンクバーに千円」
「それじゃ、かけになんねーじゃねぇか」
「それもそうっすね」

ケラケラケラケラ…。

と、必ずこうなるのだ。

ファミレスも長居すると、結構冷房がきいているので寒くなってくる。
あまりに寒いので、店員さんに、
「少し寒いですが」
と言うと、
「そりゃ、ドリンクバーだけで、そんだけ長くいたら、寒くもなるわい」
と、もっともだ。

ファミレス三軒はしごする。

寄席三軒はしごだったらね。

2011年6月1日水曜日

ホワイトハウス

先日の仕事で、お店の名前を『大統領』と書きましたが、正しくは『ホワイトハウス』というお店でした。
ホワイトハウスの店長が大統領とのことです。

失礼いたしました。

確かに、ホワイトハウスの店長が大統領というのは、まあ当然で、
大統領の店長が、ホワイトハウスだと、本物の可能性すらあります。

飲み屋さんということで、お客さんは飲みながら聞いてもらうもんだと、思っていたのですが、
何と、飲むのを我慢しながら聞いてもらうという、緊張感のなか、やらさせて頂きました。

呼んで頂いた笑海兄さん、来て頂いたお客様、そして大統領閣下、ありがとうございました。

今日から、浅草演芸ホールに出演します。
浅草観光いかがでしょうか。

2011年5月28日土曜日

シミ

先日は『ラフ!』にお越し頂きありがとうございました。

この会は、UstreamやらTwitterやら、僕のわからないことを、スタッフの方々に手伝ってもらっている、実験的な会です。

今回は、昇々くんに出演してもらい、前半トーク、後半落語という構成。

まだまだ、手探りで、テンパってしまうところもありましたが、今後も色々な企画をやっていきたいと思っていますので、楽しんで頂けたら幸いです。

今回も、トークの時衣装を用意して頂いたのですが、白いズボンに白いシャツに白いベスト、という爽やかにも程がある白でした。

トイレに行って、シミでもついたら嫌だなと思っていたのですが、まさか本当になってしまうとは、そのときの僕には知るよしもなかったのです。

次回は、
6月28日(火)
19:30〜
 L+A+U+G+H!
(ラフ!)
出演/三笑亭可女次、A太郎
料金/¥2000
場所/dream lab.

よろしくお願いします。

明日は、高円寺にある『大統領』というお店で仕事してきます。

2011年5月24日火曜日

涙なし

先日は、『65分ぐらいのA太郎』にお越し頂き、ありがとうございました。

会場として、お借りしていました『トナカイ小麦店』が、おしゃれに改装することになり、おしゃれじゃないこの会は、今回で最終回となりました。

ちょうどピッタリ第9回ときりが良く、涙雨というには余りある豪雨のなか、緊張感のある、あたたかい会になったと思います。

この会は、初めての独演会で、ひっそりと古典を増やしていこうと思っていたのですが、まさか、ここまでひっそりとネタを増やすことになるとは。

古典8席、新作3席増やし、今回は何と『井戸の茶碗』をネタおろしさせて頂きました。

まだまだ勉強中ですが、これからも色々なネタに挑戦していこうと思っています。

お越し下さった皆様、ありがとうございました。

また7月からは、渋谷で『95分ぐらいのA太郎』として、バージョンアップします。
よろしくお願いします。

7月10日(日)
18:45〜
95分ぐらいのA太郎
料金/¥1000
場所/渋谷区文化総合センター大和田
4F 大練習室

また、6月17日は『ねじ回しの会最終回』です。
やはり、僕の基本は新作です。古典で勉強したものを、新作にぶつけていきたいと思っています。

またまた、明日は『ラフ!』です。
鯉斗兄さんの代演で、春風亭昇々くんに出演してもらいます。
よろしくお願いします。

25日(水)
19:30〜
 L+A+U+G+H!
(ラフ!)
出演/A太郎、
春風亭昇々(代演)
料金/¥2000
場所/dream lab.

2011年5月20日金曜日

ご馳走

先日は、稽古のため浅草演芸ホールに。
そのまま、最後まで寄席に残り、トリの小南治師匠にご馳走になる。
ありがとうございました。

翌日、平治師匠のお宅で稽古して頂く。
その後、謎の会合『平治会』に参加し、ご馳走になる。
ありがとうございました。

翌日、病院に行き、痔の薬を二週間分頂く。
ありがとうございました。

今日、笑海兄さんに急遽呼んで頂き、『高円寺楽々亭』という落語会に。
鯉橋兄さん、喬之進兄さんとご一緒。
あまりに、急遽のため、髪型をセット出来ずに、オールバックで高座に。
おそらく今日も、ご馳走になります。
ありがとうございます。

いつも、ご馳走になってばかりで申し訳ないので、明後日の会では、何か返せればと思います。
何かはわかりません。
今回で、この会場は最後になります。
お店が改装するそうです。

最後なので、よろしくお願いします。

22日(日)
14:00〜65分ぐらいのA太郎
出演/A太郎
料金/¥1000(学生¥800)
※ワンドリンクつき
場所/トナカイ小麦店

2011年5月13日金曜日

真摯

昨日は、「竹子」という居酒屋さんで仕事。

毎月やっており、今回100回記念ということで、なんと、あのナイツさんとご一緒させて頂く。

居酒屋さんということで、お客さんはお酒が入っており、かなり盛り上がっている。

何となく嫌な予感がしたが、案の定僕が高座に上がると、
「早くナイツを出せ」とヤジが。
仕方ないので、落語を諦め、カッポレを踊りながら、お客さんにビールをつぎにいくという、荒技にでた。
一心不乱に踊り狂う僕の姿に、お客さんの機嫌も何とか収まり、その後、ナイツさんの登場で多いに盛り上がった。

漫才が終わり、じゃんけん大会へ。
商品は、ナイツさんのサイン色紙と、僕の手ぬぐいだ。

何となく嫌な予感がした。

案の定、勝ち残った2人が、ナイツさんの色紙をめぐって、最後のじゃんけんを前に、あわやつかみ合いに。

最後は、後出しで負けたお客さんに、僕の手ぬぐいが。

少し泣いているようにもみえた。

いつか、僕もビックになりたいと思い、帰って体重計に乗ってみたら、2キロ減っていた。

2011年5月12日木曜日

羽織る

昨日は、急遽上野広小路亭にて代演。

あまりに急遽だったため、楽屋に置いてあった鯉八くんの着物を借りる。

普段と違う着物を着ると、新鮮な気持ちだ。
さらに、いつもは袴をはくのだが、この日は、袴をはかずに羽織を着る。

羽織を着るのは、二ツ目昇進の披露目以来初めてだ。

羽織というのは脱ぐタイミングが難しい。
特に決まってはないのだが、普通は、まくらから噺に入るときや、噺の中で、必要な場面が来たら脱ぐ。

しかし、羽織に慣れてない僕は、不安を抱えたまま高座へ。

まくらから噺に入るときに脱げず。
噺の途中でも脱げず。

別に脱がなくてもいいのだが、悔しいので落ちの前に羽織りを脱ぎ、一呼吸おいて落ちを言った。

あの一呼吸で何かをつかんだ気がした。

落ちの前で羽織を脱いではいけないということを。

雨の中、意外に多く来て頂いたお客様、
ありがとうございました。

2011年5月6日金曜日

ネタ帳

昨日、一昨日と池袋演芸場の出番。
大勢のお客さんの前でやらせて頂いてありがたかったです。

一昨日は、新作『ウサギとカメとアリとギリギリス』
楽屋では、前座さんがネタ帳を書いているのだが、
僕のネタが『兎と亀と蟻と蟋蟀』となっていた。
間違いではない。
間違いではないが、何やら、昆虫やら動物やらが、殺伐とした中で睨み合ってるような雰囲気だ。

書いたのは、久しぶりの松之丞だ。

昨日は、新作『表と裏』
ネタ帳には、『ヒーローインタビュー』と、なっていた。

間違いではない。むしろ正解だ。どんな内容かと聞かれたら、そう答えるだろう。
手間が省ける。

書いたのは、もちろん松之丞だ。

彼は何度か、このネタを見てネタ帳にも書いてるはずだ。

わざとだな。

一昨日の手間を惜しまずに、昨日の手間を省くのは、彼らしい。

ありがとう。

2011年5月5日木曜日

3日は池袋演芸場で、
昼12時に出番。
夜は、末廣亭で九時半から『四派で深夜』。
長い時間働いた気になっていたが、考えたら35分しか働いていない。
当然稼ぎも35分ぶんだ。

昼は、連休ということもあり、多くのお客さんに来て頂いた。
子供も見に来ていて、僕が『表と裏』というネタの中で、軽い下ネタ風のセリフを言ったとき、お母さんが子供の耳をふさいで、僕を睨みつけていたときの、あの目が忘れられない。

夜は、悪天候の中にもかかわらず、普段の四派よりも多くのお客さんに来て頂いたそうで、ありがたい。

他の協会の方々と、あまり交流がないので、いい刺激になり勉強させて頂いた。

ここでも、新作を演ったのだが、話に入ったときの、古典好きのお客様方の、あの睨みつけるような目が忘れられない。

昼夜で、睨まれて気分良くなった僕は、漫画や本を数冊と、缶ビールを買って帰ったら、今日はほぼ働いてないことになった。

2011年5月2日月曜日

時間変更

先日は、『ねじ回しの会 番外編』に、お越し頂きまして、ありがとうございました。
次回最終回ということもあってか、初めてのお客様も来て頂き、いい雰囲気の会になりました。

こんなことなら、もう少し早く最終回にしておけば良かったとか、
むしろ毎回最終回にすれば良いんじゃないかとか、
実は前回が最終回で、もう終わってたことにすれば良いんじゃないかとか、
いやいや元々会などやらなければ良かったんじゃないかとか、
だいたい会って何なんだと、辞書で調べはじめたところで、打ち上げを切り上げた。

次回最終回、チラシには18時開演となっていましたが、19時に変更させて頂きました。
よろしくお願いします。
是非お越し下さい。

昨日からは、池袋演芸場で12時半から出番。
ゴールデンウィークということで、多くのお客様に来て頂きありがたいです。

普段から、ゴールデンなウィークを過ごしている僕は、3、4、5、10日に出ますので、よろしくお願いします。

ついでに、3日には末廣亭で深夜寄席もあります。


5月
3、4、5、10日
12:30〜
池袋演芸場上席

3日(火)
21:30〜 四派で深夜
出演/三遊亭楽大、立川志の八、柳家喬之進、A太郎
料金/¥1000
場所/新宿末廣亭

6月17日(金)
19:00〜 
ねじまわしの会最終回
出演/三笑亭可女次、A太郎、瀧川鯉八、春風亭昇々、笑福亭羽光
料金/¥1000
場所/お江戸両国亭

2011年4月28日木曜日

ねじ回し

明日は、『ねじ回しの会』です。
番外編ということで、今までやった新作や古典をやる予定です。
全員が、二ツ目になり、なかなか皆で集まる機会はなくなりましたが、次回最終回に向け頑張っていこうと思っています。
よろしくお願いします。

今日は、用事があり浅草演芸ホールに行ってきました。
明日から、ゴールデンウィークということですが、今日の客席はまだシルバーでした。
来て頂いてありがたいです。
春ですね。

29日(金)
18:00〜 ねじまわしの会番外編
出演/三笑亭可女次、A太郎、瀧川鯉八、春風亭昇々、笑福亭羽光
料金/¥1000
場所/お江戸両国亭

2011年4月24日日曜日

体育会系

今日は。第8回『65分ぐらいのA太郎』。

お客さんは増えないが、スタッフが増えるというこの会において、今回はなんとスタッフが減り、座ってる座布団が良くなった。

一体何があったのか。

会が始まって、10分ぐらいしてから、体がでかい二人組のお客さんが入って来た。

どこかで見たことある顔だと思ったら、何と大学のアメフト部の後輩だった。
このブログを見て来てくれたらしい。
春の珍事だ。

久しぶりに自分がアメフト部だったことを思い出す。

つい他のお客さんそっちのけで、まずは、遅れて来たことを注意。

それから思い出話に花が咲く。

ふと、他のお客さんをみると、興味なさそうに僕を睨んでいた。

すいません、仕事します。

『桃太郎』『右から左』『天災』

ありがとうございました。

後輩に、アメフト部のOB達によろしくと言ったら、鼻で笑われた。

珍しく3日間仕事が続き、何か得たものがあるかと考えたら、なぜか桃之助兄さんの顔が浮かび、そっと目を閉じた。

ハイライツさんから頂いたおしゃれ。

雨天決行

昨日は、今輔師匠に呼んで頂き、妙法寺で『堀之内寄席』に出演。

兄弟子の桃之助兄さん、可女次兄さんと、ご一緒させて頂く。

可女次兄さんは、丸坊主なので、お坊さんと勘違いされ、お寺に入るとき、周りの方々から深々と挨拶され、一人だけスリッパを用意されていた。

可女次兄さんも、それをすんなり受け入れていた。

先輩が二人いるので、久しぶりに楽な気持ちで、高座に上がらせてもらった。

お越しくださいましたお客様、ありがとうございました。

レディとガガ

22日は、麻布十番にあるdreamlabで、『ラフ!』という落語会に出演。

お越し頂きましたお客様ありがとうございました。

おしゃれな駅で、おしゃれな会場、用意して頂いたおしゃれなスカーフをおしゃれにふんわり巻き、おしゃれなお客様の前で、ついうっかり下品なトークをしてしまいました。

すいません。

トーク30分で、喉がカラカラになり、楽屋に戻ると、コーラが用意してあった。
おしゃれだ。

喉をベトベトに潤し、レディガガの曲で高座にあがる

なんだか、宙に浮いた心地だ。

打ち上げで、お手伝いしてもらった、デザイナーさんから、おしゃれなスイーツを差し入れて頂く。
そのおしゃれには、チリチリと花火がささってあったので、浮かれてつい、フーッと吹き消そうとしたら、「ロウソクじゃないんで、消さなくてもいいですよ」と言われる。

泣いて帰る。

今日です

なにやら、会が色々重なってしまいましたが、今日も会やりますので、よろしくお願いします。
今日のは、おしゃれじゃない会です。

24日(日)
14:00〜65分ぐらいのA太郎
出演/A太郎
料金/¥1000(学生¥800)
※ワンドリンクつき
場所/トナカイ小麦店

2011年4月21日木曜日

あざぶじゅば〜ん


明日は、待ちに待ったラフです。
おしゃれに頑張りますので、よろしくお願いします。


22日(金)
19:30〜L+A+U+G+H!
(ラフ!)
出演/瀧川鯉斗、A太郎
料金/¥2000
場所/dream lab.

Ustream中継もあります。


Free video streaming by Ustream

2011年4月18日月曜日

桃太郎独演会

先日は、師匠の独演会に呼んでもらい、新作、古典、トークショーにと、フルに出演させて頂きました。


ご来場の皆様ありがとうございました。


また、仲入りでは、自分の会のチケットも売らせて頂きまして、ありがとうございました。


最近、暖かくなったせいか、何だかボーっとしており、ガス料金を払い忘れて、ガスが止まってしまった。


仕方ないので、水でシャワーを浴びていたら、お腹を壊してしまった。


上のガスは止まったが、下からガスが出た。


こんなことを書くなんて、やっぱり何だかボーっとしている。

2011年4月11日月曜日

羽々

先日、羽光さんから「僕の二ツ目昇進のお祝いに、そろそろ着物を作ってもらいたいので、皆さん集まって下さい」とのメールがあった。


僕のときもみんなに作ってもらったので、仕方なく浅草の着物屋に集まる。


みんなで少しずつ出して、昇々くんと羽光さんの着物を仕立てた。


僕のときは、『A』の紋を入れてもらったので、その仕返しに、『々』と『羽』の紋を入れてやった。
しかし、圧倒的に『A』がカッコ悪い。


仕方ない。そういう名前なんだもの。

コクチ


師匠の独演会に出させて頂きます。
皆さまよろしくお願いします。


4月16日(土)
14:00〜
『桃太郎独演会』
出演/昔昔亭桃太郎、A太郎、春風亭昇吉
料金/¥2700
場所/日本橋社会教育会館


この会に於きまして、下記の会のチケットを販売させて頂きます。
皆様、こちらもどうかよろしくお願いします。


7月30日(土)
第1回昔昔亭A太郎勉強会


『桃から生まれたA太郎』
(ゲスト昔昔亭桃太郎)


18時半開場
19時開演


前売り2000円
当日2500円(全席自由)


会場/横浜にぎわい座
のげシャーレ(小ホール)
(JR・市営地下鉄「桜木町」駅徒歩3分「野毛ちかみち」南1番出口)


問い合わせ/www.A-taro.com
イタチマチ0359268693

さくらさく

昨日で、上野広小路亭の寄席の出番が終了。
お越し下さった皆様ありがとうございました。


5日間のうち、古典四席、新作一席。


寄席で、出来る古典が増えたことが、嬉しいような、


「あんちゃん、結局新作諦めたのか」という、楽屋の視線が悲しいような、


お前が、新作派か古典派か知らないが、しっかりやれというお客さんの視線が厳しいような、


そんな雰囲気ではございましたが、


そんなこととは、全く関係なく、上野公園の桜は、とても綺麗でした。

2011年4月7日木曜日

ケツとA

先日は、『65分ぐらいのA太郎』にお越し頂き、ありがとうございました。


お客さんは、増えないが、スタッフが増えるという、この会において、今回さらに一人スタッフが増え、さらにゲストまで来るという、もう何が何だかな会になった。


ゲストは、兄弟子の桃之助兄さん。


来るかもしれない、とは言っていたが、まさか本当に来るとは。
いや、いらっしゃって下さるとは。


今回演った『天災』という噺は、桃之助兄さんに教えて頂いたもので、それを客席の最前列で、腕を組んで、メモを取り、舌打ちしながら見て頂く、というありがたい先輩だ。


僕が三席やって、せっかくなので、兄さんにも演っていただこうということになり、今度は僕が、腕を組んで、メモを取り、舌打ちしながら見させて頂いた。


勝者なし、ということで会は終了。


終わって、僕は打ち合わせがあり残ることに。


一人で帰っていった兄さんの、丸まった背中が、物悲しかった。
しかし、その手には今日のほんのわずかなギャラが、しっかりと握りしめられていた。


兄さんありがとうございます。皆さんありがとうございます。


そして、その後、桂平治師匠主催の『平治会』という、謎の怪しい会合に呼んで頂けることになろうとは、そのときの僕には知る由もなかった。


そして、知る必要もなかった。

2011年4月5日火曜日

会と会


先日、家で生姜焼き弁当を食べていたところ、楽屋でいただいた鉄火巻きを思い出し、カバンから取り出した。
その鉄火巻きがあまりに美味しかったので、つい鉄火巻きをおかずに、弁当の白飯を食べようとして、ふと我に帰った。


ご飯をおかずに、ご飯を食べちゃ駄目だ。


今日は、小文治師匠に呼んで頂いた内幸町ホールの会で、新たな勉強をさせていただきました。


5日は、またもや『65分ぐらいのA太郎』です。
ゲストが来るとか来ないとか。
皆様ぜひお越し下さい。


公演名 65分ぐらいのA太郎
開催日 2011年4月5日 火曜日
開演時間 19:30
会場 トナカイ小麦店
木戸銭
1000円、学生800円※ワンドリンク付
番組(出演者) 昔昔亭 A太郎
お問い合わせ先
名称 03−6273−8331
URL http://www.a-taro.com/

2011年4月1日金曜日

一日

先日、外を歩きながら稽古していたら、前を歩いていたおじさんに「みんな言いたいことを我慢しながら生きてるんだ」と、怒鳴られた。


その後、公園まで歩いていくと、青年がハーモニカを吹いていた。いい音色で、先程の嫌な気持ちが、なんだかスッキリした。
何の曲か、じっくり聞いてみたら、CHAGE&ASKAの『YAH-YAH-YAH』だった。


懐かしい匂いがした。


さあ、今日から4月です。いつまでも3月気取りじゃいられません。頑張ります。

2011年3月28日月曜日

犬寄席

先日、自転車に乗っていると、僕の前をフラフラ揺れながら自転車で走っているおばちゃんがいた。


危なっかしいので、追い抜いて、振り返ってみると、何と両手離しで自転車に乗る練習をしていた。


懐かしい匂いがした。


さて、昨日は第6回『65分ぐらいのA太郎』にお越し頂き、ありがとうございました。


お客さんの数は増えないが、スタッフの数が増えるという、何とも言えない雰囲気のなか、粛々と会を進行。
『元犬』『罪と罰』『肥がめ』をみっちり65分。


『元犬』は、前座の頃よくやっていたが、二ツ目になってからは初めて。
これは、犬が人間に生まれ変わるという噺。
うっくつした『前座犬』から成長し、
ドッグフードがワンランク上がった『二ツ目犬』を、
お見せしようと思っていましたが、
何だかモヤモヤし、人間に生まれ変わって本当に良かったのか、と悩みに悩んでいる犬の遠吠えを、
お見せしてしまったのではないかと、先程反省しました。


さてさて、次回の『65分ぐらいのA太郎』は、急遽4月5日に決まりました。
また、スタッフが増えるんじゃないかと怯えておりますが、皆様是非お越し下さい。

5日(火)
19:30〜65分ぐらいのA太郎
出演/A太郎
料金/¥1000(学生¥800)
※ワンドリンクつき
場所/トナカイ小麦店

2011年3月27日日曜日

春風亭

昨日、今日と久しぶりに新宿末廣亭の出番。


久しぶりということもあり、高座はもちろん、楽屋の中も緊張する。

前座さん達は、師匠方に気をつかって働いているので、二ツ目は邪魔なのだ。


居場所がなくウロウロしてると、前座さん達の舌打ちがこだまする。

昔自分がやってたことが、跳ね返ってくる。


まさに、自業自得だ。


そんな中、逃げるように高座へ。

ここで頑張らないと、さらに楽屋の目が冷たくなる。


昨日は、
久しぶりの古典
『たらちね』
今日は、
新作『罪と罰』


終わって、楽屋に戻るのが嫌なので、そのまま客席に下りていき、家へ帰った。


前座の明楽さんが、客席の隅で見ていたらしく、
「兄さん勉強させて頂きました」
と、メールが来た。


「どうだったかな?」

と、返信したが、
それっきり返信はない。


なるほど、そういうことか。


昨日は、再び末廣亭に戻り、
東京ボーイズ先生主催の『東京ボーイズの金曜日・2』に、出させて頂く。


お二人は、今でも新ネタを作っており尊敬する。


オープニングで、仲八郎先生が、僕の名前を
『春風亭A太郎』
と、紹介。
当然のごとく、お客さんは間違いに気づかない。
そして、不思議と僕も違和感がない。


この現実を受け止めて、さあ頑張ろう。


客席に、末廣亭のお席亭が座っており、僕の高座を見てくれていた。


終わってから、笑いながら「いや〜、やっぱり落語は人間性が出るね」と、言って頂いた。

誉め言葉と受け取らさせて頂きます。


さあ、今日はトナカイ寄席です。

このような時期なので、前座の頃やっていた、柔らかい噺をやってみようと思っています。

よろしくお願いします。


27日(日)
14:00〜65分ぐらいのA太郎
出演/A太郎
料金/¥1000(学生¥800)
※ワンドリンクつき
場所/トナカイ小麦店

2011年3月19日土曜日



昨日は、『今も昔もA他郎』に、お越し頂きありがとうございました。

このような状況の中、皆さんのおかげで何とか無事終えることができました。

鯉八くんに負けないように、ジタバタした姿を、楽しんで頂けていたら幸いです。

手伝いに来てくれた柳亭明楽くんに、無理やり「兄さん良かったです」と、言わせてすいませんでした。

次回は、6月24日(金)、ゲストは、三笑亭可女次兄さんです。

今月27日は、
『65分ぐらいのA太郎』もあります。
よろしくお願いします。

ついでに、最近あったことを、軽くまとめます。

○歌助師匠の会『歌助一笑会』に、呼んで頂き、二笑をとった。

○兄から久しぶりの電話があり、
「出身地が京都になっているが、生まれたのは岐阜なんだから、岐阜に変えた方が良いんじゃないか?岐阜の方が、ライバルも少ないし、仕事が増えるんじゃないか?」
と、アドバイスをもらい、自分の出身地をどこにしようか考えている。

○ブログを見てくれた方から、「携帯でブログを見ていますが、いくつか見ることが出来ない写真があります。その写真を見るために、いっそのこと携帯を新しいのに変えようかしら?」
と、畏れ多いご指摘を頂き、先日写真を直してもらいました。
これで、『梅とたわむれる鯉八』をご覧頂けたんではないでしょうか。

○師匠家の掃除に行く前に、近所で、千円カットの床屋に行き、終わって店を出たら、偶然鯉八くんに会った。
なんと、鯉八くんもその店に通っているらしく、僕の髪型を見て「あの親父時々失敗するんですよね」と、言った。

2011年3月18日金曜日

本日、予定通り『今も昔もA他郎』を開催することが、決定致しました。

決まったからには、全力を尽くします。

よろしくお願いします。

※ブログを見て来て頂いた方は、1500円になります。

18日(金)
19:00〜 今も昔もA他郎(えーたろう)
出演/A太郎、瀧川鯉八
料金/¥1800
場所/らくごカフェ

2011年3月15日火曜日

この度、東日本大震災で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

大変な状況ですが、今は、冷静に自分のできることをやるしかないと思います。

今後どうなるか、わかりませんが、主催者の方から連絡があり、今のところ18日の『今も昔もA他郎』は、行う予定です。

詳しくは、主催者ブログをご覧下さい。
イタチマチブログ
携帯版

2011年3月9日水曜日

花の粉


もしかしたら、花粉症なのか。
いや、認めたらダメだ。
認めたら、負けになる。
流行りに乗ってる場合じゃない。
花粉に丸め込まれてどうする。

ただ、くしゃみが少し止まらなくて、鼻水が少し垂れてきて、目が少しかゆいだけだ。

決して花粉症ではない。

ティッシュがかかせない。
いや、元々ティッシュが好きなので、かかさないだけだ。

ティッシュの箱に「ティシュー」と、書いてある。
CMでも「ティシュー」と、言っていた。

しかし、身近で「ティシュー」と、言っている人はいない。

そろそろ、この問題の決着をつけるときが来たようだ。

2011年3月6日日曜日

梅とカラオケ




昨日は、湯島天満宮の梅まつりで踊りを披露。
メキシコ以来の踊り。

結果、僕にはメキシコが合うようだ。
踊らされるよりも、踊りたい、まじで。

終わってから、皆さんでカラオケ屋で打ち上げ。
深夜寄席があるため、お酒を飲まずに、タンバリンを一心不乱で叩く。
メキシコで習った叩き方だ。

叩くよりも、叩かれたい、まじで。

いい叩きっぷりだと誉められる。

誉められるより、誉めたい、まじで。

深夜寄席へ。
大学のアメリカンフットボール部の同級生が来てくれた。
「待ってました!」
と、
声を掛けられたので、
何でそんなことを、言ったんだと問いただしたら、
「二番目出ると思ってたけど、三番目に出てきたので、待ってたんだ、まじで」
と、答えた。
それなら、いいや。

ネタは、『ウサギとカメとアリとキリギリス』
悪くなかったかな。

いや、認めるよりも、認められたい、まじで。

2011年3月5日土曜日

踊る


1日は、久しぶりに踊りの稽古。

2日は、代演で久しぶりの池袋演芸場。

ネタは、『ウサギとカメとアリとキリギリス』

噺の途中で、入って来たお客さんは、
誰が『ウサギでカメでアリでキリギリス』なんだ、という顔をして見ていました。

始めから見ていたお客さんも、何人かは、
何が『ウサギだカメだアリだキリギリスだ』という顔をして見ていました。

勉強になりました。

明日というか、今日は、湯島天満宮の『梅まつり』で、メキシコ以来の踊りを発表します。
日本では、初めてです。
夜は、深夜寄席です。
よろしくお願いします。

5日(土)
21:30〜 深夜寄席
出演/三笑亭可女次、神田きらり、柳亭小痴楽、A太郎
料金/¥500
場所/新宿末廣亭

6日(日)
上野広小路亭
12時ごろ代演

2011年3月4日金曜日