2017年2月26日日曜日

桃太郎若手一門会とかわら版。

4月14日

お江戸日本橋亭

18時30分開演

前売り2000円 当日2300円

扮装トークあり

ご予約は桃太郎ブログ、A太郎ブログ、喜太郎Twitterにて

アリサンカフェとサナギ新宿。

20(月・祝)
RAKUGO@阿里山カフェ
「昔昔亭A太郎独演会」
14:30開場 / 15:00開演
〈会場〉
阿里山カフェイベントスペース
〈木戸銭〉
前売 1300円
当日 1500円
特典:ワンドリンク付き(500円相当)、ポイント付与、カフェ&ショップ10%オフ
〈出演者〉
昔昔亭A太郎
〈お問い合わせ〉
042-982-4823もしくは042-982-4812
info@alishan.jp
http://alishan-organics.com/Alishan2014_organics/

2017年2月25日土曜日

新作落語のみ。

『この世界の片隅に』とロウリュウで、涙と汗を流し、スッキリしたので、さあ宣伝です。

この会は新作落語のみですので、ご注意下さい。

8(水)
「れふかだ落語会 昔昔亭A太郎独演会 其の三」
19:00開場 / 19:30開演
〈会場〉
新宿レフカダ
〈木戸銭〉
前売 1800円
当日 2000円
〈出演者〉
昔昔亭 A太郎
〈お問い合わせ〉
03-5366-0775 (11:00〜20:00)
http://lefkada.jp/schedule_1703.html#170308

2017年2月24日金曜日

あの『ときめき』に、あの『成金』が。

家庭画報別冊『ときめき』2017年春号
2017年3月1日発行(年3回発行予定) 
定価720円(税込) 
紀伊国屋書店など全国の書店での取り扱いのほか
(店頭にない場合は、お取り寄せ注文をお勧めします)
ネットの「amazon」から取り寄せたり、
デジタル版でもご購入いただけます。
www.tokimekiweb.jp/

独演会のアンケートに答えてみる。

A太郎独演会『A太郎はA太郎、今も昔もない』にお越し頂き、ありがとうございました。

ジョナサンより、多分センスフルなお客様に感謝。

キャンセル待ちのお客様には、次回に感謝。

会の内容とナチュラルメイクはお客様に委ねます。
アンケートの表は内密に。

ポイントカードはなくしがち。

さあ、疲れを癒すアンケートに左手で答えを。

『A太郎さんの似顔絵です』
心配です。

『天井に頭をもっとぶつけるべきです』
べきって。

『帰ります、永日』
落語会が終わったら帰るべきです。
べきって。

『次回は高田馬場でやって下さい』
嫌です。

『紺野高尾が良い』
屋。

『ネタ下ろし聴いてやったぜ』
聴かせてやったぜ。

『ヒゲが伸びますように』
ようにって。伸びますよ。

『ボリビアに行けますように』
金。

『ギョケー エージツー』
心配です。

『御慶はわざとらしくて好きではないのである』
のであるって。

『日本語が上手』
まあね。

『my first 落語 is A太郎』
sorry

『次回A太郎独演会に行けなくて悔しい』
次次回に。

『同窓会の雰囲気』
あいつのせいだな。

『今回は会社の飲み会で行けませんでした』
久しぶりだな。

とまあ、次回もよろしくお願い致します。

さあ、生姜紅茶をおかわりしてからの酒。

2017年2月23日木曜日

NASAの反対はASAN。

『御慶』と叫び続けて他の惑星に来てしまったようです。

ASANはそろそろ地球に帰りますよ。

何だかつまらない。

そりゃパンダも引っくり返りますよ。

ともかく今日のA太郎独演会、よろしくお願い致します。

2017年2月22日水曜日

A太郎独演会『今は古典のA太郎は昔 其の一(全六回)』

ここ最近、『セシオン杉並』やら『成金』やら『新宿末広亭』やら『高円寺演芸まつり』やら『連雀亭』やら『氷川神社』やら『サナギ新宿』やら。

それから可楽師匠に『景清』の稽古をお願いしたり、『ラジなり』打ち合わせ中にラップバトルで血を流したり。

ドタバタしておりましたが、さあ明日は独演会です。

お陰さまで予約満席ですが、キャンセル待ちの方が十数名いますので、急遽明日『岐阜に行ってやる』という方がいらっしゃっいましたら、早めにご連絡下さい。

それはそうと、明日はネタ下ろし。
今現在、まだ補助輪付き。

本日、中野近辺を『御慶』と叫びながら歩いているヒゲジョを見つけても、石を投げないで下さい。

A太郎ポイントカードと桃太郎若手一門会のチラシも明日には届くことでしょう。

よろしくお願い致します。